元気な美的LIFE

元気な美的LIFEは、健康や美容についての情報をお届けします。

半日断食ダイエットの効果的なやり方とコツ

約 4 分
半日断食ダイエットの効果的なやり方とコツ

半日断食ダイエットで太り気味の体をリセット!

断食はストイックなダイエット法と感じている方に、ぜひ取り入れて欲しい断食法を紹介します。それが「半日断食ダイエット」。

断食効果を少しでも多くの人に実感して欲しく、調べてみました。

半日断食ダイエットは、気軽に試してみたい人、あまり我慢は向いていない人、ストレスを溜めずに習慣付けれる様なダイエットをしたい人。

このような人にはとっておきのダイエット法でしょう。では、どのような方法なのでしょう?


Sponsored Link


プチ断食より簡単な半日断食って何?

halfdaydanjiki2
断食、キツそう・・・なのに、半日ダイエットは、

  • 気軽に出来る
  • ガマンなし
  • ストレスなく続けられる

というのが特徴です。

 

【半日断食のやり方】

  • 朝食を抜く
  • 食事と食事の間隔を18時間空ける

ここがポイントです!

何も食べない断食で、腸内のリセット効果を得ます。

この半日断食は、何も食べない日はありません!

そこで、ガマンという気持ちはなかなか湧かずにすみ、ストレスを感じることもないでしょう。

そして、継続できるようになるのです。

どうして半日?半日断食のメカニズムについて甲田光雄先生は、このように述べます。

半日断食のメカニズムですが、そもそも人間の体は、食事をしてから完全に消化吸収し、排泄し終えるまでに約18時間かかります。毎食毎食、充分な時間を空けずに食事を取ると、内蔵は24時間常に活動し続けていることになるのです。このため内蔵が疲れ切ってしまい、本来の機能を発揮できなくなります。そこで内臓機能の回復を図るようにするために半日断食を行うわけです。

出典元:半日断食 半日断食と甲田光雄先生
https://www.dietsyokuhin.jp/danjikidiet/hannichi-danjiki/

このように、半日ダイエットの食事の間隔を18時間空けるという方法の理由が分かります。

18時間空けることで、体内では空腹を感じ始め「モチリン」という消化管ホルモンが分泌されます。

「モチリン」の分泌から、腸のぜん動運動が活発になります。

そして便秘解消、宿便排出といった効果が発揮されるのです。


Sponsored Link


 

半日断食の効果はダイエットだけじゃないんです!

短期間で圧倒的な若返りと美しさをえて、生まれ変わります

 

半日断食は、

  • 便秘解消効果
  • 血流促進
  • 代謝アップ

断食から得られる効果はもちろん!しかし、これだけではないのです!

様々な病気予防、不快症状の予防効果を得られるのです。

宿便の解消

宿便は、イライラや抜け毛、体臭などを引き起こします。

半日断食で、宿便を輩出、また溜まりにく体に作り変えます。

自己融解が起こる

断食をすると血管内に溜まっているコレステロールの塊を使い始めます。

つまり、半日断食を続けることで、血液がキレイになります。

そして半日断食は、病気などを治す治療手段としても用いられているのです。

  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • 気管支喘息
  • メタボリックシンドローム
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心臓病

など、様々な治療に用いられているから取りれない訳にはいきません。

 

半日断食のやり方とコツ

halfdaydanjiki3

朝食なし、午前中は水分のみ

固形物を摂ってはいけません。

どうしても我慢できない時は液状のものにします

食事と食事の間は18時間あける

これは前日の夕食から昼食までの時間を18時間あけるのです。

もし、昼食時間が決まっている、そんな方は昼食時間から逆算して夕食を取る必要があります。

例) 昼食12時の場合、夕食は18時に摂っておく必要があります。

  • 昼食と夕食は腹八分目
  • 食事中と食後3時間は水分を摂らない

 

半日断食ダイエットの効果的なやり方とコツのまとめ

半日断食、朝食を抜くダイエット法ですが、朝食、昼食、夕食、この1日の3回の食事の中で、最も周りの誘惑が少ない食事の時間だと思います。

朝を抜くことで、昼食は友人と同僚と楽しく食べられるのです。(腹八分目ですが)そして、夕食も同様。

このように考えると楽しく取り入れられるダイエットなのかもしれません。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)