元気な美的LIFE

元気な美的LIFEは、健康や美容についての情報をお届けします。

麻の実の効果・効能【便秘解消・美肌効果】

約 6 分
麻の実の効果・効能【便秘解消・美肌効果】

麻の実の効果や効能や麻の実オイルについて

ここ最近、オイルの美容・健康効果が広く知られるようになり、オイル選びに気を使う方が増えていると言われています。

中でも人気なのが、ココナッツオイルやオリーブオイル、亜麻仁オイルなどですが、実はこれらのオイルに匹敵するような凄い効果を持ったオイルがあるのをご存知でしょうか。

それは、麻の実油です。

麻の実油とは聞き慣れない言葉ですが、にわかに注目され始めたことで、原料である麻の実にも関心が集まっています。

そこで今回は、麻の実や麻の実油についてご紹介したいと思います。


Sponsored Link


麻の実って何?有効成分は?

asnmsb2
麻の実とは、中央アジア原産のクワ科の一年草である麻の果実のことを言います。

麻は、茎の皮の繊維を糸に(麻糸)、種子は油(ヘンプオイル)として使用するなど昔から活用されており、麻の実は主に七味唐辛子の原料として使われています。

麻の実には、人が体内で生成することができないため食べ物から摂取する必要のある必須アミノ酸を始め、必須脂肪酸やビタミン、ミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれていることから、「天然のサプリメント」という異名があり、海外では非常に栄養価の高い食物として人気があります。

 

オリーブオイルの効能・効果やカロリーとダイエット方法

 

麻の実の効果・効能について

asnmsb3
天然のサプリメントと称される麻の実ですが、それでは実際にどのような効果や効能があるのでしょうか。

 

便秘解消効果

麻の実には、非常に多くの食物繊維が入っているため、便秘解消効果が期待できます。

 

美肌効果

麻の実に含まれるたんぱく質は、美肌の元となるコラーゲンを作るために欠かせない成分です。

たんぱく質不足はコラーゲン不足になり、肌の生まれ変わりを阻害します。

 

貧血予防・改善効果

麻の実には、鉄を始め亜鉛やマグネシウムといったミネラルが含まれており、貧血の予防・改善に役立ちます。

 

アンチエイジング効果

麻の実には、オメガ3、オメガ6といった必須脂肪酸が理想的なバランスで含まれているため、アンチエイジング効果があると言われています。

アンチエイジングとは、抗加齢療法と呼ばれるもので、年齢による老化を防ぐものです。

 

脳活性効果

麻の実に含まれる必須脂肪酸(オメガ3、オメガ6)は、体内に吸収されるとDHAやEPAといった脳の活性に役立つ成分に変換されます。

ちなみに、麻の実(種子)から摂れる麻の実油は、オメガ6とオメガ3の割合がWHOの推奨する理想の4:1に、最も近い食用油と言われています。

 

DHA・EPAの効果・効能【動脈硬化や生活習慣病の予防にも】

 

麻の実は、こんな人におススメです!

asnmsb4
ダイエットに油分は厳禁!と思う方は多いと思いますが、実は体にとって油は本来必要不可欠なもの。

油=太るというイメージが強い方にとっては衝撃的な話だと思いますが、実際に麻の実に含まれる油を摂取したことで、ダイエット効果を体感した方というのは多くいらっしゃいます。

ただし、どのような油でもダイエットに良いのかと言うと、そうではありません。

最近、日本でもその危険度が認知されるようになってきた「トランス脂肪酸」は、動物性の油に多く含まれるもので、飽和脂肪酸を多く含み肥満や生活習慣病の原因と言われています。


Sponsored Link


一方、麻の実には体内で合成することのできない必須脂肪酸が含まれており、その多くは不飽和脂肪酸といって体脂肪になりにくい性質を持っています。

また、必須脂肪酸の中でも、麻の実はγリノレン酸を多く含んでいます。

γリノレン酸は、加齢と共に体内で合成する量が減ってしまうと、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

つまり、良質な油はダイエットの敵どころかダイエットの味方となるわけです。

麻の実を摂取することでγリノレン酸を補うことができれば、代謝を活性化させ、ひいてはダイエットに繋がります。

また、麻の実には食物繊維が多く含まれていることから、便秘を解消する役割もあります。

以上のことから、麻の実はダイエットに有効と言われています。

 

えごま油の効能や摂取量とカロリー!ダイエットにも効果的?

 

麻の実オイル(ヘンプオイル)の特徴や選び方と効能・効果

asnmsb5
麻の実油には、実はヘンプオイルヘンプシードオイルの2種類があります。

ヘンプオイルは、カンナビスという植物から作られるオイルのことで、酩酊作用や鎮痛作用があることから医療用となっており、私達が購入することはできません。

一方のヘンプシードオイルは、上記のような作用がない麻の実の種子から抽出される油のことを言います。

従って、一般的に販売されているものはヘンプオイルと記載されていても、全てヘンプシードオイルとなっています。

なお、麻の実油には俗に言う麻薬成分(大麻草)は含まれていないため、摂取しても体に問題はありません。

麻の実油は、ナッツに似た香ばしい風味が特徴で、ここ数年人気となっている亜麻仁油よりも摂りやすいという声も多く聞かれます。

また、麻の実油には、動脈硬化や高血圧といった生活習慣病の予防・改善効果を始め、コレステロールの低下、アレルギー性疾患の改善、心臓病の予防、ガンのリスクの軽減といった多くの効能・効果が期待できると言われています。

 

ホホバオイルの効能・効果と使い方【髪・ニキビ・アトピー・育毛】

 

麻の実の摂り方や摂取量は?

asnmsb6
麻の実は、砕いたものをサラダにかけたり、クッキー生地に混ぜるなどして幅広く利用することができます。

一日の摂取量は大さじスプーン一杯程度(25~30g)でよいでしょう。

変わったところでは、納豆に入れても美味しく頂けます。

また、麻の実オイルは加熱に弱いため、そのまま飲むか、サラダのドレッシングに利用するのがお勧めです。

こちらの一日の摂取量の目安は、大さじ1~2杯程度です。

いくら美容や健康によいからと言っても、やはり油なのでカロリーは高めとなっているため、過剰摂取には気を付けましょう。

 

アルガンオイルの効能・効果や口コミと使い方【髪・アトピー・ニキビ】

 

麻の実の副作用について

asnmsb7
麻の実を大量に摂取すると、腹痛や下痢、嘔吐などの症状が現れることがあります。

一日の目安量を守るようにしましょう。

 

麻の実の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?のまとめ

麻の実油は、ここ最近人気となっているココナッツオイルや、健康オイルブームの火付け役と言われているオリーブオイルを凌ぐ効能や効果を持っていると言われています。

是非、毎日の食事に取り入れて、健康や美容のために役立ててみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)